スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

どこでもドア。

学校の情報の授業でですね。
適当なテーマを決めてプレゼンテーションすることになったんです。
隣の友人が『ドラえもん』というテーマを決めていたので、
参考に(むしろパクって)『どこでもドア』というテーマを設定。
色々と調べていたのですが、やはり現実的な代物ではないようですね。

ドラえもんの公式設定の原理では、
出発地点と到着地点の間にある三次元空間を、
四次元で折り曲げて出発地点と到着地点の距離を近づける、というもの。
これでは分かりづらいのでちょっと分かりやすく解釈してみた。

一次元といえば縦、あるいは横の一つの要素しか持たない空間ですよね。
一次元の世界は棒線を引いてあらわすことが出来るわけなんですが、
一次元の世界ではどうやってもこれを折り曲げることは出来ません。
しかし、二次元の世界で考えてみたらどうでしょう。
二次元には縦、横の要素がある世界ですから、
二次元の世界では棒線を折り曲げることが出来ます。
同じく、四角形を想像してみてください。
二次元に存在する平面の四角形。
これは二次元の世界ではどうやっても折り曲げることは出来ませんが、
三次元の世界で考えると立体的に捉えることが出来るので
折り曲げることが出来ますよね?
ということは、立方体を想像したとき。
これは三次元の世界では折り曲げられないが、
四次元の世界では・・・? という発想。
四次元空間というものは三次元世界に生きている私たちにとって、
実体化させることも、頭に思い浮かばせることも出来ない空間です。
現実的に考えるのであれば、この原理は実現不可能に近いですよね。
あくまで発想の中での世界、想像の世界なわけで、
実際に四次元がどのような世界で、
三次元の立体のどのように折り曲げられるかまでは想像できなそうです。

ちなみに、アインシュタインは四次元を頭の中に正確に描いたといわれます。
しかし、これは縦、横、高さにさらに時間という軸を加えたもの。
上記で説明した四次元とはちょっと異なるものなのだそうで。
縦、横、高さの三次元の世界には時間という一本の軸が通っている。
そう考えれば想像出来ないことも無さそうです。
これはタイムマシンとかそっち系の話なので置いておきます。

では、どこでもドアはやはり実現不可能なのか。

現段階では、実現不可能ということで片付けられているそうです。
ところが、非常に興味深いものを見つけました。

それは、公式の理論とは全く異なるものであり、
哲学的な問題、パラドックスも付きまとうものであって、
結局は実現不可能、あるいは実現できても実用性が無いものです。

まず、出発地点となるどこでもドアを用意。
さらに、目的地となるどこでもドアを設置しておきます。
学校、駅、スーパーなどなど、様々な場所に設置しておくと便利ですね。
んで、出発地点となるドアから『Aさん』が学校へ向かうとします。
このとき、出発地点となるドアはドアに進入した『Aさん』の
身体の情報を分子レベルで解析、読み取ります。
この読み取ったデータを目的地となるドアへ送信。
目的地側のドアはデータを受信し、それをもとにして
『Aさん』と全く同じ人間を再構築します。
出発地点側の『Aさん』は解析が終わり、不要になるわけですから、
分子レベルで破壊してしまいます。

理論上はこれにて到着。となります。

え?と思った方も多いはず。
それもそのはず。目的地に到着した人物はあくまで、
『Aさん』と同じ、あるいは極限にまで似せた分子構成の人間であって、
決して出発地点にいた『Aさん』ではないのです。

では、これを理論的に考えて見ます。

人間というのは生き物ですから、
常に分子構成が微妙に違ってきています。
現在のあなたと一時間後のあなたとでは、
ほんのわずかに分子構成が違っているのです。
では、一時間後のあなたはあなたではないのでしょうか?
そんなことはない。と否定するはずです。

では、どこでもドアでの再構築について考えて見ましょう。

出発地点にいる『Aさん』は
到着地点で『Aさん』に限りなく近い分子構成の人間として再構築されます。
これは、上記のことを踏まえて言うのであれば、
『出発地点のAさん』=『到着地点のAさん』
ということになってしまわないでしょうか?
身体は勿論、脳や神経まで完全に再現されているわけですから、
記憶や性格なども『Aさん』そのものです。
それでも到着地点の『Aさん』は『Aさん』ではないといえますか?

心。意識。そういったものはとても曖昧なものです。
仮に心、意識というものが再現できていないのだとしても、
心や意識というものを確認できるのは自分自身しかいません。
他人には確認しようが無いのですから、
周囲の人間からすればそんなものはどうだって良いことです。

『Aさん』が『Aさん』であると周囲に認識されていれば、
『Aさん』は『Aさん』なのです。

こう考えるとどこでもドアって怖いですよね。
どこでもドアを使った人は実は昨日の人と同じ分子構成の人間であって、
昨日あなたが触れたその人である確証がなくなってしまうのですからね。
科学技術が発展しすぎると、哲学的な問題に発展します。
クローン人間なんかが良い例ですよね。あれは人権が問題になっているようです。

こうやって現実的に考え始めるとドラえもんは恐ろしいです。
やっぱり漫画の世界は漫画であるべきですよね。
科学が進歩しすぎるというのも考え物です。

_________________________________________________

ランキング参加しております。
よろしければポチッと押していただけると幸いでござる。
(どちらでもOKです。)

にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲームプレイ動画へ
スポンサーサイト
category
雑記
Relation Entry

Comment

へぇ~(◎口◎)といっても理科音痴な自分にはとても理解ができませんw
「どこでもドア」あったら便利なのに、そんな怖いものとは知らなかったです・・・。

私的にはタイムマシンが興味ありますね。どういう仕組みでできてるのか。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」っていう80年代の映画があるんですけど、めっちゃ好きなんですよあの映画。
デロリアンっていうスポーツカー(?)を改造してタイムマシンにするんですけどね、それがたまらなくかっこいいんですよ♪

・・・ちょっと話それました;^^
まぁその映画でも次元云々言ってるんで、もしお暇があれば調べてみてください。
長文失礼いたしましたorz
  • 2009⁄12⁄13(日)
  • 12:25

バック・トゥ・ザ・フューチャー! 俺も好きです(。・ω・。)
タイムマシン、理論上は可能かもしれないそうですよ。
なんだか書きたくなってきたぞ・・・ッ!?
っていうわけで記事にまとめることにいたしますw

俺もネットで必死に調べないとこんなの分からないので大丈夫ですw
  • 2009⁄12⁄13(日)
  • 19:56

Trackback

http://nikonikokaito.blog54.fc2.com/tb.php/190-c315c1bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。